BLOG

シャーロック・ホームズの結婚観 – ドラマ “Elementary”より

elementary

今「エレメンタリー」というアメリカのドラマにハマっています。

このドラマは、あの有名なシャーロック・ホームズが主人公のミステリードラマで、舞台がロンドンではなく、現代のアメリカになっています。ホームズをジョニー・リー・ミラー、ワトソンをルーシー・リューが演じています。この作品でのワトソンは、男性ではなく女性で描かれています。

このジョニー・リー・ミラー演じるシャーロックの結婚観が、私にとってはとても共感できるので、紹介しようと思います。

Joan:

You think marriage is an elaborate ruse.

Sherlock:

There are other ways to describe it. An unnatural arrangement which forces its participants into an unhealthy monogamy. An accretion of petty fights and resentful compromises which, like Chinese water torture, slowly transforms both parties into howling, neurotic versions of their former selves.

シャーロックは結婚という制度に否定的です。そして私もそのような考えを持つ一人です。

彼は結婚を、”不自然な契約である。一夫一婦制は不健全だし、つまらない喧嘩や不快な妥協だらけで、そのうちに両者とも己を見失い、惨めな姿になる” と表現しています。

彼はジョーンとは仕事のパートナー、そして友人として同居しており、一種のソウルメイト的な関係を結んでいます。そして身体関係はその都度、その時に合った人と持っています。

この精神的なつながりと肉体的なつながりの両方を一人に求める関係ではなく、役割分担のような形を取ることは、私自身も前者より健全であるように感じています。

もちろん、精神的なつながりと肉体的なつながりの両方を一人の人に求める形で、良い関係を築いている人も少なからずいます。しかし、そういう関係を一人の人と結ぶことを、結婚という制度に誓うことに、私はメリットを感じません。

つまり、生涯、一人の人のみをパートナーとし、愛することに否定的なのではなく、結婚という制度、誓約に興味がないだけなのです。

シャーロックはさらにジョーンにこんなことも言っています。

As an institution, I think marriage is outlasted its usefulness by quite a large margin.
And yet I’ve come to appreciate the premise of partnership.
It’s far more intricate than I had previously imagined.
The very smallest gesture can speak volumes.
You should never have entered into the charade that is wedded matrimony.

結婚は制度として有用性が失われているけれど、パートナーシップは想像以上に奥が深い。結婚するからややこしいのだと。

とはいえ、子供や経済的な面などで、今の社会では結婚の関係を結ぶとベネフィットもありますし、結婚という誓約があることによって相手との関係的に安定、安心するという考えの方も多くいます。

要は自分に合った関係を見つけることが一番です。

あなたは誰とどんな関係を結びますか?

英語の学習方法

私はドイツ語圏のオーストリアに数年住んでいたのですが、ドイツ語圏にいても英語の必要性をものすごく感じていました。

日本にも現在は色々な国の人が住んでいますが、ヨーロッパは陸続きでたくさんの国があるため、島国の日本よりもさらに多国籍です。

となると、どんな国の人ともコミュニケーションを取れる言語は英語になります。

現在は日本で仕事をしていますが、海外からの依頼は、依頼者の国の言語がわからない場合は英語でのやり取りになります。

そこで私がやっている英語学習は、好きな海外ドラマや映画を観ることです。

毎日テキストや英語サイトを開いてコツコツ学習するという方法は、私は3日も続きません。しかし、好きなドラマや映画を観るというのは、「勉強している」という感覚がないまま身につくので、私のような根気のない三日坊主には大変オススメです。

そこで、私のやってきた方法は、ただ海外のドラマや映画を観るというだけではなく、すでに内容を知っているドラマや映画をまず英語字幕で観ることです。

内容は知っていたとしても、初めは字幕なしで観ると、全く何を言っているか聞き取れないところもあると思います。

この段階ではリスニングと言うよりもリーディングになりますが、テキストや英字の記事などの長文を読むよりも、好きな内容の、会話として生きている英語で読むことができます。

そして、そのドラマや映画の英語字幕を読みながら、気になった、もしくは目に留まった言い回しのみを書き出してください。

その際、おそらく初めは、何回も出てくる言い回しや、短い決まり文句などが書き出されると思います。

私が初めてその方法で観たドラマは、英語学習ではお決まりの”Friends”でした。

Friendsは古いドラマですが、今でも使える言い回しや決まり文句が多数出てくる上に、とても聞き取りやすいという、初級者には嬉しいドラマです。

私が初めの方に書き出していた英語というと、That’s gross や Don’t freak out、How dare you など、どんな映画やドラマでも多発する言い回しでした。

このような短くて何度も出てくる言い回しは、非常に頭に残りやすい上に、映像と共に聞いているので、その言い回しとそれを使える状況とがセットで覚えられます。ということは、そういう状況に自分が置かれた時に、咄嗟に言葉として出てきやすいということです。

この方法でドラマや映画を見続けると、いつの間にか長いフレーズも綺麗に全部聞き取ることができるようになってきます。

ただ、その方法で見るドラマや映画を選ぶときは、日常的に使えそうな英語を話しているものを選ぶことに気をつけてください。

もしあなたが「スターウォーズ」を選んで、ヨーダやジャー・ジャー・ビンクスなんかの英語を書き出してしまったら、使えそうにもない、癖が強すぎる英語を身につけていってしまうことになります。

以前、電車に乗っていた時に、外国人旅行者に日本語で道を聞かれました。

「オラここに行きてえんだけど、オメーわかるか?」

…いや、嘘のようで本当の話。

言葉完璧なんだけどね。ドラゴンボールで日本語覚えたのね。

学習材料の選択は大切です。 

まとめ

① 一度見たことのある、好きなドラマや映画を選ぶ

② 英語音声、英語字幕で見る

③ 目に留まったフレーズや何回も聞こえるを書き出す

④ 違うエピソードや違う映画でも同じことを繰り返す。

⑤ 日常でそのフレーズのような状況になった時に、そのフレーズを声に出して言ってみる(ただし日本にいる場合は一人の時に声に出しましょう)

Enjoy your learning!!

The Underwater Project ID:2

The Underwater project coming along!
A great Austrian artist is gonna help this project.
More information will be coming very soon!

来年春始動予定の白川佳那子による”The Underwater Project”。

プロジェクトでは国内やオーストリアのアーティストと合同制作予定。

その中で使用予定の音サンプル第2弾。

The Underwater Project

What we’re working on: The Underwater Project

The product launch is scheduled for next spring (2019).

More information will be coming soon!

来年春始動予定の白川佳那子(CANY Music Production)による”The Underwater Project”。その中の核となる音をプロジェクト始動までに小出しにアップ予定。

#kanakoshirakawa #canymusicproduction #musicproject #theunderwaterproject #piano #soundscape